ストレートネック枕の一番いい高さとは?

「先生。ストレートネックを解消するには、高い枕と低い枕と、どっちがいいですか?」「ストレートネックを治すには、オーダーメイドの枕じゃないとダメですか?」などのご質問をたくさんいただきます。さて、高い枕と低い枕どっちがいいでしょうか?藤田はいつも「ズバリ、どちらでもありません。」と答えています。

肩こり。手のしびれの治療方法。改善方法。

もしかして、あなたは、
・肩こり
・手のしびれ
・めまい

などの症状にお困りではないですか?

そんな症状を改善できるように、首をご自身でほぐしていただくといいですね。バスタオル首枕を使っていただくといいですよ。頭はちょっと布団から浮き上がるように、首枕を調節します。これが高さのキモです。頭の重みは真下にかかりますので、首がその分、引っ張られてのばされますね。

寝ている間中、首から骨盤まで、背骨を引っ張っりつづけられます。これで、日中かかっていた、わるい姿勢で首の負担が、寝ている間に解消されます。そして首の骨(頚椎)のゆがみが解消され、首の位置がただしくなり。神経の圧迫もなくなります。いっしょにやっていただくと、効果的なバスタオル枕を使った体操がありますので、お試しください。

頭の重みは、およそ、平均的に5kgから10kg位といわれています。賢いあなたなら、もっと重いはずですね。その頭の重みは、枕がほとんど支えてくれます。しかし、頭が枕に乗って、腰よりも、頭が高くなっていると・・・腰に向かっても、頭の重みがかかります。寝ている間、およそ1kg程度の重さが、腰へかかっています。これが寝腰が痛くなる原因です(x_x;)

図参照
↓↓↓
457

骨盤や腰は当然ですが、首にも寝ているあいだ中それなりの負荷がかかっています。日中に酷使された首は、最大限にリフレッシュする必要があります。

さて、当院で販売している枕の仕組みを見てみましょう。首のアーチに沿って、カマボコ型にできていますので、頭はちょっと布団から浮き上がるようになります。

頭の重みは真下にかかります。ですので、寝ている間中、首から骨盤までの背骨を引っ張っりつづけてくれるのです。これで寝ている間に、日中かかっていた、首のストレートネックの負担や、腰の負担をラクぅ~に解消してくれます。

そして首の骨や背骨や骨盤のゆがみが解消されます。

首の位置がただしくなるの、体の痛み(神経の圧迫)もすくなくなります。そんなカマボコ型のアーチで首を楽にしてくれる枕は、こちらです。

ストレートネックに効く枕の高さ。お客様の感想

「首の湾曲って大事なんだなー」って、当院の首枕を使っていただいている方から、ご感想いただきました。

この枕、使うほど、すごくいいなって思います。どういう仕組みかわからないんですが、寝て起きる時、すごく楽なんですよ。旅行先にも持っていきました。この枕使ってから、首が柔らかくなってる気がするんですよ。この枕の高さで、カラダの調子がよくなってるんですかね?

「首の湾曲って大事なんだ」って、改めてこの枕使ってから、考えさせられました。もっと小さくして、旅行、携帯用にしたらいいかもしれませんね~いまの半分だと、ちょっと枕になりませんかね?。

ありがとうございます!ほんと、そうですよね。首の湾曲は大事です。結構、「持ち歩いて使ってるよ」って言ってくれている方も多いので小さくする事も検討中です。持ち歩かない場合は、大きい方がいいですけどね。

そんな当院のオリジナル首枕を、ご購入いただいたお客さんから「背中がポキポキ伸びていくのがわかる」との嬉しい感想をいただきましたのでご紹介いたします。

本日枕が届きました。これから寝てみます。体操では先ほど使ってみましたが、すぐにも背中あたりがポキポキとのびていくのがわかります。実は去年の6月にはじめてネットで藤田体操を見つけて以来、体操をやる中で、かなり坐骨神経痛や腰痛が改善しました。ありがとうございます。海外に居て、今後も海外に出るのですが、枕の長さがスーツケースに入る長さなので、持って行けます。肩こりが最近またぶりかえすので、なおさらです。

ありがたや~。旅行に行くときは、極力、荷物は少なくしたいものです。それを、海外にまで、お供させていただけるとは、本当にありがたい事です。僕も、なにかとお手伝いできることがあれば、ご協力させていただきたいと思います。

おかげさまで、このDVDと枕のセットは好評でです。在庫の残りは、あと15個で、すぐに、なくなってしまうため、ご希望の方は、お早めにどうぞ。

この枕の自慢は、日本製のウレタンを3層構造で作っているところです。触っていただけるとわかるのですがかなり硬く、ウレタン枕としては重くつくられています。今、巷のウレタン製品はほとんど中国製なのですが、当院の枕は、ちょっと贅沢に国産です。

続きの記事はこちらです«

最近の記事はこちらです »

ブログ記事執筆者:

さいたま市見沼区で整体院をやっている、藤田摩利男ともうします。整体院は5年目です。肩首の治療家として雑誌にも取り上げられています。

患者さんご自身で、ストレートネックや頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアなどを治す体操を、インターネットを通して、普及させる活動をしており、その体操は23回も雑誌に掲載していただきました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ